CNNレポートの翻訳。

 どもです。
CNNの誤解と偏見に満ちたリポートの訳ができました。
翻訳者は友人のダニエル兼光さん。
翻訳者は転載自由とおっしゃってますので、下記の翻訳文はどうぞお好きに。


CNNの記事リスト:
1) 最初の記事。「憤慨の対象ゲーム『レイプレイ』がネット上で拡散」
2)最初の記事に附随したビデオ記事。「強姦ゲーム騒動」
3)ネット社会における表現の自由の違いなどを検証。「ビデオゲームは規制されるべきか?」
4)海外の"有識者"に日本のエロゲを語らせた最新の記事「なぜ『レイプレイ』は日本で成功するか

下記の翻訳は4番目の「なぜ『レイプレイ』は日本で成功するか

----------------------------------------------

なぜ「レイプレイ」は日本で成功するか?
著:Kyung Lah, CNN
CNN.comでhetaiゲーム(具体的にビデオゲーム「レイプレイ」)について取り上げた2日後の間に何千というコメントが寄せられ、ページ閲覧数が 100万を越え、いかにして[日本]文化がこのようなジャンルのゲームを生み出し、その産業が栄えることに何も抗議していなかったについて様々な質問が挙げられました。

日本が男女差別主義的で抑圧的な文化を持ち、政府が問題からわざと目を背けていると批難するのは非常に簡単です。実際一部ではそういった側面があるのかもしれませんが、日本のように進歩的な国においてhentaiが栄える理由には複雑な文化的な問題が存在します。

日本に[分校を置く]テンプル大学のカイル・クリーブランド社会学准教授は「日本における若者と倒錯的サブカルチャー」という名の講座を教えています。

信じられないかもしれませんが、[日本のhentaiなどは]きちんとした大学講座を丸々やるのに見合うほどの量がたくさんある題材なのです。クリーブランド氏の説明によれば、批難する人間の憤慨は自らの文化背景によって形成されたプリズム[偏向ガラス]、即ち日本に存在する文化基準とは全く異なった西洋の感性から生み出されるものであるとしています。

「日本は男性優位社会です。歴史的にも、今日に至ってもそのままです」と語るクリーブランド氏。「それがマスメディアやポルノの中で反映されるのはあまり驚きに値しません。日本を凝視している道徳事業家[1]らは日本においては通用しないフェミニスト論的歴史観と文化的歴史背景を持っているのです」

2009年に発表された世界経済フォーラム ジェンダー・ギャップ[性別格差]報告書によれば、日本は134カ国中101位とされ、女性団体からは世界第二の経済大国にしては極めて低い指摘されています。

このように、女性が権力のある地位についていないことが、この国でhentaiゲームを繁栄させる文化的背景となっているのです。

「日本において、政策立案者や政治家達がこうした問題について無関心(不活発)である理由は、政治に関わる階級は年老いた男性主体で、ジェンダー基準(男女価値観)が異なっていた頃に育って人達であり、フェミニスト理論を取り込んだアメリカや西欧の意識を認識する必要がなかったのです。日本ではこういった意識されないさまざまな問題が政治の議論から完全に乖離しているので、ほとんどの日本人の方々の意識に浸透する機会がないのです」と語るクリーブランド氏。

しかし我々の国境無きデジタル世界においてはこれらは問題となります。日本の内閣府に所属する男女共同参画局はCNNに、これらのゲームに対して世界社会が憤慨しているのを政府は認識している、と証言しています。

現在、日本政府は児童ポルノの所持を禁止する法案を検討中ですが、現時点では違法ではありません。この法律の変更の可能性も国内からの抗議ではなく、外圧に起因するものです。

日本には世界の中でもっとも極悪な児童ポルノが介在するとクリーブランド氏は証言。「この国は人身売買や女性虐待をめぐって国連から批難されています」

「西洋の感性からは事実上、解読不能の形で日本は自らの性意識を表現し、しかもそれが社会的に受け入れられているため、日本人にはそれらに対する批判を理解したり、認知する事が出来ません」とクリーブランド氏。

クリーブランド氏は世界的な議論が日本に法律を書き換えるような圧力になり、hentaiゲームの発売・配給がより難しくなるであろうと予想しています。氏は日本が世界に合わせて変更する動機は、倫理的なものではなく「政治的に都合がよいから」となるだろうと推測しています。

しかし氏は慄然とする人間に対して、自らの文化も見直すべきだと警鐘をならします。

「日本に対して人々を触発させるのは、そこに介在する文化的な距離があるために、西洋の基準の規格から掛け離れた形で性意識を表現しているのを見て、日本を突出してドギツイ、変態じみていると思えるように感じさせる傾向があるからです。ある意味日本は他の文化、例えばアメリカのようにはっきりとジェンダー(男女性意識)問題を抱えている文化とそんなに違わないといえるでしょう」

訳者注釈:

[1]道徳事業家(moral entrepreneur):米社会学者のハワード・ベッカーが生み出した造語で、社会的・文化的価値観を影響・制御しようとする人間・団体を指す。倫理的救世軍傾向が強く、基準変更を尊ぶ考え方(rule creator)と基準の徹底を臨む考え方(rule enforcer)に区分できるとされている。道徳事業者の例:嫌煙運動、中絶反対運動等々。
----------------------------------------------




野上の反論は、項を改めて載せます。





コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

■カテゴリー

■月別記事

■単行本等

サルでもわかる都条例対応
サルでもわかる都条例対応 (JUGEMレビュー »)
野上 武志,鈴木 貴昭,兼光ダニエル真
萌えよ!陸自学校
萌えよ!陸自学校 (JUGEMレビュー »)
田村 尚也
結構がんばりましたー

■リンク

■プロフィール

■モバイル

qrcode

■記事検索