セーラー服と重戦車4巻表紙、その変遷。

どもです。

先日発売のチャンピオンREDいちごでも発表されてましたが、来年1/20に「セーラー服と重戦車4巻」が発売の予定です。

ちなみに、来年1月売りチャンピオンREDにて「もってけ!セーラー服と重戦車」(仮)というタイトルで番外編が掲載されます。
さっきその旨連絡があったので(仮)つけといた。
 なお、このあったまわるいタイトルは僕の発案ではなく、チャンピオンRED編集部のご提案にてございます。ぼくわるくないよ?

 さすが赤い核実験場、ネーミングの脊髄反射具合がハンパないぜ。
そこにシビれる憧れる。

 そんでもって同年2月にはチャンピオンREDいちご付録でCDドラマ。
 先日アフレコに行ってきました。詳細はまた改めて。
 


で、今日の本題。
4巻表紙ですが、今回は難航しました・・・
何かのご参考になるかと思いまして、忘備録もかねて、経緯をだしてみようかと。

以下3案が当初のラフ。





とりあえずパイパーちゃんで行くというのは確定してたのですが、表1(画面左半分、ちょうど表表紙にあたるところ)でうまく戦車と女の子の可愛いところを双方表現するのに適当じゃなく。
リテイクとなります。

で、でてきたE案


これでようやく編集さんのOKがでて、ようやく着色開始。

で、できたのがこれ。


うまくかけた!
わーい。これで次の仕事に・・と思ったのもつかぬま。
編集さんからリテイク指示。
理由は
1:色調が2巻とかぶり、かつ書店でアピール出来る色じゃない
2:あかるくしてくれ

なるほど。1枚絵としてはともかく、これで書店で他の表紙と並んで勝てるかどうかだとちょっとあれかなー。了解、リテイクします。

で、次案。




 明るくしたぞ!パイパーちゃんを!
・・・編集さんから電話がかかってきて「”明るい”の意図が違う、これなら最初のほうがいい」
ギニャー。

しかし、言ってることは確かにごもっとも。
うっかり戦車まで暗くしてしまいましたしね。
時間もないし最初のやつでいきましょうという編集さんに「3時間ください!」と無理言ってあげたのがこちら。



 
ようやく「僕が欲しかったのはこれです!」って編集さんにいっていただきました。
さんざんご迷惑おかけしてしまいましたが、そういうセリフをいってもらえると、やっぱり嬉しいですね。

というわけで、4巻表紙はこんな感じとなります。
乞うご期待ー。





コメント
「もってけ!セーラー服と重戦車」拝見いたしました。
P370の「雪の進軍」には笑わせて頂きましたが、
あれ、所々に見知った顔が…。
P379の上から2コマ目は一目瞭然、
P380の1コマ目もあやしひ…。
いやまあそれを言ったらP372の2コマ目なんかも。

さすが、出張版にも手抜かりなし!!
  • 2010/01/22 2:38 AM

コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

■カテゴリー

■月別記事

■単行本等

サルでもわかる都条例対応
サルでもわかる都条例対応 (JUGEMレビュー »)
野上 武志,鈴木 貴昭,兼光ダニエル真
萌えよ!陸自学校
萌えよ!陸自学校 (JUGEMレビュー »)
田村 尚也
結構がんばりましたー

■リンク

■プロフィール

■モバイル

qrcode

■記事検索